頭髪(頭皮)の臭いに悩んでいる、という人の中には
比較的若い段階から、「体質」によって臭いが強いことも考えられますが
割合として多いケースは、何と言っても「年をとって臭くなった」という症状です。

<体のパーツが臭い>と聞くと、やはり「中高年」をイメージする方が多いはずです。

そして実際に、あらゆるパーツの臭いリスクは
加齢と共に上昇してくることが現実です。

年をとることにとって、確実に基本的な「体臭」が強まっていき
頭皮や髪の臭いに関しても、その減少の一部と考えられます。

そもそもなぜ年をとると臭くなるのか?

年配の人の体臭と言えば、「加齢臭」を思い浮かべると思われますが
厳密には、加齢臭は「おじさん(おばさん)」の臭いではありません。

加齢臭というのは、「おじいさん(老人)」特有の臭いであり
「ノネアール」と呼ばれる物質が発生していることによるものであり
老人特有の分泌成分である、「パルミトオレイン酸」と「皮脂」が混ざりあることで発生します。

そして中高年の「強い体臭」というのは、この加齢臭とは異なり
汗に含まれる「ジアセチル」という成分が増加することによって強まります。


「頭皮」にも影響を及ぼす

頭髪自体が汗をかくことはなく、髪の臭いというのは
頭皮の臭いであり、頭皮から分泌される

  • 皮脂

によって、構成されます。

更に、以上のような<中高年特有の分泌物質>が加わることで
体臭に比例してより臭いが強まることは、当然のことと言えます。

<よりしっかり取り組む必要がある>からこそ注意して実践する

そもそも加齢によって、体臭に影響を与える要因が増えるのは

  • 性ホルモン
  • 代謝(内臓環境)

主に、以上の2つの要素の影響を受けています。

中年以降の時期には、加齢による<性ホルモンの減少>によって
体臭だけではなく、様々な体の変化が起きます。

これに関しては、男女共に同じ事情を抱えることになります。

しかしながら、これ自体はある程度は避けられないものであり
その分、<その他の要因>を解決していくことが大切です。

その他に頭皮に関わる要素として、まず最も問題となるのは
<頭皮から分泌される皮脂>の、質の悪化と言えます。

「ギトギト」の皮脂になってくることは、何となく想像しやすいものでり
そのケアのためには、若い時期よりもより意識して取り組むことが必要です。

そういった場合に、考えられることが「洗髪の質」であり
シャンプーを変える等することも有効になります。

ここで注意すべきことが、シャンプーの要素に加えて、
「強め洗う」ということを、ついついやってしまいがちです。

しかしながら過剰な洗浄というのは、より多くの皮脂を招くことになる
<頭皮の乾燥>につながる恐れがあるため、「限度」をわきまえなければなりません。

だからこそ、当サイトで紹介している「クリアハーブミスト」を利用し
「ガシガシ洗うリスク」を、少しても減らして欲しいと思います。

「体の中」のケアも忘れずに

体臭の問題で忘れてはならないことは、体臭の質というのは
「体の状態」を、大きく反映するものであるということです。

それは、性ホルモンの減少・乱れといったものではなく
<内臓の健康状態>といった、「代謝」に関わる要素が主なもになります。

代謝が悪化しているほどに、体臭というものは臭くなるものであり
頭皮から発せられる臭いもまた、代謝の影響を受けているものと言えるのです。

そのため「健康」こそが、最も根本的な要因となるものであり
健康状態の改善が、巡り巡って頭髪に臭いの改善につがるはずです。