頭皮から過剰に分泌される「皮脂」は、髪の毛が(頭皮)が臭くなるだけでなく
「脱毛」を招く、非常に大きな一因でもあります。

皮脂とは、いわゆる「毛穴」から分泌される「脂分」と「老廃物」が混ざったものであり
「垢」等といった「汚れ」が「汗」に溶かされたものと、同じように扱われることもありますが
その役割・影響を含め、いずれにしてもその内容はほとんど同じものとなります。

これらは、「いらないもの」といった反面、外部からの刺激から
肌を守るものとしても存在しており、一定量は必要なものでもあるのです。

問題なのは「過剰」に分泌されていることなのです。


基本的には「体質」に依存する量

皮脂の分泌量というのは、頭皮に関わらず「体質」が大きく関わっており
基本的な量というのは、自分ではコントロールできない一面もあります。

もともと皮脂の分泌が、異常に多いという人もおり
そういった人というのは、「体臭」に関しても濃い傾向があります。

しかしながら、ある程度は「洗浄」によって「リセット」することができるものでもあり
しっかりとした洗浄を心がけることで、リスクを減らすこともできます。

すなわち「洗浄が不十分」ということが、皮脂による頭皮環境悪化の主な要因となります。

頭皮が傷ついていることによる過剰分泌

そして、頭皮が傷ついていることによって
皮脂の分泌が、過剰になっていることも考えられます。

定期的に、皮脂がしっかりと解消されていない場合
ちょっとした傷口であっても、化膿・炎症してしまうことになります。

更に、そもそもは皮膚を守るために分泌される皮脂が
傷口を悪化させる原因となってしまうです。

「乾燥肌」はより注意が必要な場合も

一方で、皮脂に関しては心配ないと思われる「乾燥肌」に関しても
場合によっては、「脂肌」の人以上に注意が必要な場合もあります。

乾燥肌というのは、主に「皮脂の分泌が少ない」ことで招かれる症状ですが
それはすなわち「肌が傷つきやすい」ということでもあります。

肌が傷つきやすいということは、炎症が起きやすいということでもあり
結果的に、皮脂の過剰分泌を引き起こしやすくなっています。

特に、冬の乾燥した時期に「フケ」が目立つ
それでなくても、フケが出やすい場合には注意が必要になります。

シャンプーが引き起こす乾燥も

また極度に乾燥した頭皮というのは、体質の影響も考えられますが
場合によっては「洗い過ぎ」によって招かれることもあります。

過剰な洗浄によって、「必要な皮脂」まで取り除かれてしまうことで
より傷つきやすい状態に近づいてしまうのです。

「クリアハーブミスト」の公式ページホームページを見てみる